ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

ピクルス作りその2

まずは最初の工程のキルです。 斬鉄剣だとか正宗だとかキルビルだとか想像してもらえればわかりやすいと思います。 それでは、ビシバシ切って行きたいと思います。 ■きゅうりを切る ということで取り出したるはきゅうり。 切り方としては、瓶に詰められるように切るのが基本! ということで、3等分にしてみます。 そして、瓶に入れ塩をかけるとこんな感じです。 20041120_1 ■セロリを切る これもきゅうりと一緒。 瓶に詰められるように、4等分、5等分と。。。 ちょっと、あまっちゃったので試食までしてみました。 あいかわらず、セロリですな。 瓶に入れて塩をかけるとこんな感じです。 20041120_2 昔は(かなりちっちゃい頃、かわいいと近所で評判だった頃)あんまし好きじゃなかったんですけど、 今はぜんぜん平気。 ピーマンとかと一緒で、子供の頃は苦味がうんちゃら。。。 これも、大人の味ですねー。 ■たまねぎを切る まずは顔を書いてみました。 いわゆる永沢君です。。。 20041120_3 というのはお遊びで、さくさく作っていきましょう! さくさくとやっていきましょうと思ったのもつかの間、 っと、今までと違う。やつは、違う。できる! なななんと、切る前に皮むかなくてはいけないじゃないですか! ということで皮むきタイムです。 まずはしっとり剥いてみました。 まだまだって感じです。 20041120_4 そして、のっぺりと剥いてみました。 なんとなく、さなぎが蝶になっていく気分。 20041120_5 結構剥けてきました。 人間で言うなら、下着姿といったとこでしょうか!? と、まあ、エロスすら感じます。 イヤン。。。 20041120_6 と、ようやく向きあがりです。 うん、ツルンといったとこ。 しかしここで、問題発生。 このままだと、瓶の口よりもたまねぎが大きすぎて入りません。 やっぱり切ります。と、どういう風に切りましょうか? と悩んだ結果、 いわゆる、横切りです。 これで、何とか瓶に入るはずです。 20041120_7 大丈夫できたー!!! 無事瓶に入っています。 うん、おれ、天才! 20041120_8 そして蓋をして、まあ完成です。 20041120_9 このまま、一晩寝かせます。 明日は、ピクルス液作りです。 これはかなり重要。 これで、ピクルスの良し悪しが決まると言っても過言ではありません。 そう、言い過ぎではないと言うことです。 それでは、つづく。