ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

時代は自転車

Img_0397

と、タイトルどおり。

秋ぐちになり、展示会大盛況。
いきたいなー、なんて展示館に全部行っていたら、
仕事はストップな時期です。

って、なんでこの時期に展示会かさねるのですかね。。。

で、先週、先々週(もっとむかし)にサイクリングショウの2巨頭にいったわけですが、
やっぱ、時代は自転車ですよ。

特に、はじめに行ったサイクルモードはほんと大盛況。

こういう、展示会ってだいたいメーカーとか販売店とかしかこないんですが、
これは一般客も大参加。

それも、そのはず。
かなりの広告をおこなっていました。

僕が常時乗っている東横線でも広告がじゃんじゃん張っていました。

そこで、こういう広告効果ってすごいのね、ってちょっと考えさせられました。
(1:広告なんて、興味ある人しか見ないと思っていたので
 2:世の中の人ってそんなにマスメディアの情報に流されていると思っていたわけじゃないので)

そのせいか、サイクルショウはあまりちょっと。。。
ぜんぜん宣伝してないんだもん。。。

で、それらのショウの総入場者数とは別に思ったことは、
一般の人も実は自転車に対して興味津々なのではということ。

最近、経済雑誌で自動車関連の記事をよく読むのですが、
私が思うに、西洋並みに自転車の社会地位を確保すれば解決できるかだいなんかいっぱいあるわけですよ。
CO2とか(ほんと問題!?)、メタボリックシンドロームとか(自己管理の問題)、渋滞(交通整備のミス)とか、たくさん。
(なんとなく人間関係とかも解決しそう)

で、なんか、そんなことを考えつつ、
むかしドラマで「えらくなれ」なんれ長さんが言っていた訳ですが、
そんな理由がなんとなくわかたった気がします。

もっと若いうちにそんなこと気づいていれば、
東大はいって、交通省に入ってその辺を改変できる地位になんて思っていたはずです。
(できるかは別だけど。。。。)

やっぱ、えらくないと何もできないないなんて思った今日この頃です。

つまり、自力運転で一番の効率は自転車だと思うのですよ。
だから、自転車。

やっぱ、自転車。

自転車で痩せた人 自転車で痩せた人
価格:¥ 735(税込)
発売日:2006-04
自転車少年記―あの風の中へ 自転車少年記―あの風の中へ
価格:¥ 460(税込)
発売日:2006-10
困った時のMTBメンテナンス―自転車のトラブル全部解決   エイ文庫 困った時のMTBメンテナンス―自転車のトラブル全部解決   エイ文庫
価格:¥ 630(税込)
発売日:2002-10