ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

【書評】武士道

武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか? 武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか?
価格:¥ 1,130(税込)
発売日:1997-07

諸外国には徹底した宗教が存在し、これが社会の基盤となり倫理教育にもなっています。親や地域社会が子供へこの倫理を教えることで社会が成立しています。

日本はどうでしょうか。日本には今も昔も統一された宗教は存在しませんでした。もちろん一部のカルト的な宗教や仏教などはありましたがそれは国を形成する上での必要なものではありません。特に近代なってはそのことが強くなっています。

著者の新渡戸稲造(薪を担いでいる銅像で有名な)は海外に行ったときに日本には宗教はないのにどうやって倫理感を備えるんだと聞かれたそうです。その答えが「武士道」だったりします。

武士道といっても武士なんて人口の10%くらいしかいなかったわけですが、やはりその精神は立場になく伝えられたのだと。特に明治維新前後の日本は個々の強烈な武士道のもとに国が動いていたと思います。

「武士道」とは自己犠牲のもと自己実現を行うなのではないかと思います。それが日本人に倫理観をあたえ日本を形成していったと思います。

そんな、武士道について書かれた本です。

武士道 武士道
価格:¥ 520(税込)
発売日:2005-08-02
武士道 武士道
価格:¥ 483(税込)
発売日:1938-10
武士道とエロス 武士道とエロス
価格:¥ 756(税込)
発売日:1995-02

ラスト サムライ ラスト サムライ
価格:¥ 980(税込)
発売日:2007-04-06