ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

サイゼリアってみました

20090208083

TSUYOSHIは英語を習得すべく英会話学校に行っているのですが、先日行った時にそこのイタリア人(英語の先生です)の先生が「サイゼリアはすばらしい!おいしいワインが安く飲める。1000円あれば楽しめる!経営者はジーにアースだ、ブラボー!!!」なんて、言っていたのです。そんなことを言っていたのを思い出して、まあ行ってみました。独りサイゼリアに。たぶんサイゼリアに行くのコレがはじめてなんじゃないですかね。(ファミレスはなんだか苦手なんです独りで行くのは。。。)

まず、そのワインを頼みました。デキャンタで。(デキャンタというのはグラスでもなく、瓶でもないなんかの容器に入っているものです)

で、きました。今回TSUYOSHIが頼んだのはデキャンタのビッグ(グラス4杯分:500ml)の方なんですが、なぜか小さい方(グラス2杯分)がきてしまいました。まあいいや。ちなみに小さい方なので190円です。(大きい方は370円です。)で、飲んでみますと、「あ、イケル」普通にいけます。濃厚とかそういったものはありませんがデイリーワインとしてはぜんぜんOKです。お。

20090208085

で、そのワインのアテとして頼んだのは「アラビアータ」です。これも、イタリア人が勧めていた一品でこれもいい感じです。ちょいっとピリ辛で酒がすすみます。399円です。

いけるぞ。ということで、なぜか間違ったデキャンタ小をもう一回頼んでみました。ついでにマイカのパプリカソースを頼みました。これは189円です。

20090208089

うーん、普通に楽しめます。TSUYOSHIが行ったのが日曜の夕方6時ちょっと前なのですがお客さんはほとんどいず、結構快適でした。ああ、これは日曜のくせになりそう。ということで、TSUYOSHIはいっときサイゼリアを攻めてみたいと思います。いや、平日もいいかも。ワインをデイリーで飲むならここでいいのではと。

ちなみに今回の食事の料金は

  • アラビアータ
  • マイカのパプリカソース
  • 赤ワインデカンタ小×2

で、968円、安い。。。

20090208091

それなりに飲んだわけで、これで1000円で楽しめるならば、かなり御の字です。ワインも高いワインの味はしないのですが(雰囲気!?)変に安いワインの味がするわけでもなく、ふつうに飲めます。(ちなみに、TSUYOSHIはワインの味についてはなんもわかりません)料理もああ、これなら十分って感じです。

庶民派な感じが僕のハートをぐっとつかみました。そんで、ほかのメニューも試してみたいと考えています。ということで、サイゼリア飲み会なんてどうっすか?ワイン中心で!募集中!

サッカーとイタリア人 (光文社新書) サッカーとイタリア人 (光文社新書)
価格:¥ 819(税込)
発売日:2008-12-16
イタリア人の働き方 (光文社新書) イタリア人の働き方 (光文社新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2004-01-17
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書) バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)
価格:¥ 756(税込)
発売日:2007-03