ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

スポンサーリンク

2011ニセコの旅 その2

スポンサーリンク

1000001111

はいどーも。2日目のニセコツアーです。この日は前日雪が降っていたこともあり、コンディションは期待できます。しかもピーカンの晴れ(^ω^)ピーカンの晴れってことは腹痛が痛いとか、チゲ鍋とかと一緒の部類です。

ほんで、ニセコステイの前半は一人滑りなのでドミトリー同室になった方と一緒にすべりませんか?と、OKと。

1000001110

ほんといい天気で、雪質はちょいっとサラサラ。ちょっぴりフンワリしてますが、まだまだ、ニセコの実力はこんなもんじゃないだろ、と思いつつ。どこ滑ろうか?と考えていましたが、こんな晴れた日はピーク目指すしかない!

1000001114

ピークというのはまさに頂上で、ニセコの山のてっぺんです。この頂上までの道程は行ったことがある人はわかるかもしれませんが、前途多難。まあ、といってもちょいっと辛い思いをすればいいだけですが。

リフトを乗り継ぎ、最後の一人乗りのリフトへ。一人乗りのリフトってちょっぴり怖かったりするんだよね^^;

1000001123

そして、降りたところがこんな感じで、今日はピークへのゲートがあいてますよとか、自己責任でとか書かれた看板があります。つまり、自分の身は自分で守れよ!!

このピークへのゲートは開いていない時もあるので、登れるときに登ったほうがいい(・∀・)のです。つまり、もちろん登ります。ここからは板を担いで過酷な登山。よっこらせ。

1000001135

で、一気にピークへ。これが頂上の写真です。結構人がいますね。奥の建物はなんでしょう?

だいたい、リフト降りて登るのに20-30分位かかります。斜面は斜度があり、下を見ると結構怖かったりするので、ひたすら無心で登るのみです。自分にガンバ!!!

1000001138

山頂から撮った写真です。奥に見えるのが今まさに登っていっている人達。列を作って登るわけですね。ブーツを履いて、板を担いで、雪の中の登山。この後に頂上。ほんと登った後の達成感はたまりませんよ(´∀`)

1000001139

で、ピーカンの晴れなので羊蹄山もバッチリ。羊蹄山、いつ見てもいい顔してます。そして、マイボードとツーショット。いいっすねー。

1000001151

で、ピークです。の印?しらないけど、石碑がありますので、記念に。

1000001146

そして、自分も写真をパチリ。とったどー!!!(´∀`)

この後は登った斜面を一気に山を下り、さらに下り、さらに下り、ヒラフエリアから花園エリアへ。後日に紹介すると思いますが、花園エリアの方は木の中を滑るツリーランができて、これが楽しいんですよ。そんな花園、わたしの好きなエリアの一つだったりします。

1000001158

で、ちょっと早めの昼食を。ここが花園エリアのレストランの308です。このレストラン3年前くらいにリニューアルしたもので、始めてニセコに行った時にはゲレンデによくある、ほったて小屋の大きいバージョンだったのですが、りっぱに綺麗になったものです。

よーく見ると9割がた外国の方です。日本じゃないですよ奥さん!!ココ( ゚д゚ )

1000001155

で、なんとかハンバーガーと命の麦茶のビアです。ここのフライドポテトは肉厚でおすすめです(^^)

結構ボリュームもあり、ガッツりいけます。ムシャムシャ。

昼食後は軽く滑って、宿に帰ってお昼寝。昼は日光も強いし、美白を目指すTSUYOSHIは休憩。雪も柔らかくなってきたので、温度の下がるナイターに期待です。

1000001178

そして、ナイターへ出陣。ニセコはかなり広いエリアでナイターを滑ることができます。ナイター中もヒラフの生命線のセンターフォーとゴンドラも動いており、かなり快適です(^ω^)

しかも、この日は平日で、リフトもほとんど人がおらず、斜面一面、私一人で貸切状態というわけで。そして、ナイターになると気温も下がり、コンディションもよくなるわけです。寝ている場合じゃないですよ奥さん!!

1000001186

この下の斜面からリフトまで、誰もいません( ゚д゚ )最高に滑り放題です。一番高いところのリフトのナイター終了が8時までだったので、ギリギリまで滑り後は宿へ。

夜飯を食べていない事に気づき、ここからは大人の時間。夜の遊びへ。

1000001191

といっても、北海道を代表するコンビニのセイコーマートへ行き、弁当とお酒を買って、宿へ。。。寂しい食事ですけど、今日一日、楽しめたのでOKです^^;

ということで、2日目も終了。この日は天気も良く、滑った感じも抜群でした。疲れて、後は熟睡です(´・ω・`)