ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

CANについての学習

f:id:ginga0118:20150515082252j:image
最近は仕事で車関係の事をしている。車の中でECUと呼ばれる制御装置の通信の際に仕様している規格のCAN(Controller Area Network)を勉強する必要があり、一応CANの規格の仕様書について何個か目を通した。
その際にシステム全体での開発の流れなどが知りたいと思っていたところ職場の同僚がこの本がわかりやすいよとのことで貸してくれました。

電車の中で、つらつら読んでいたがやっと読み終わった。
内容は大きく分けて3つで構成されている。

自動車とエレクトロニクス

自動車とエレクトロニクスについては、CANを使用していなかった時のことや、CANが発展していった歴史などが書かれており、CANに対して興味を持ついいきっかけになっていると思う。

CANプロトコル

CANプロトコルについては以前読んだ仕様書の内容でだいたいカバーしているが、仕様書よりも具体的なプロセッサのメモリマップなどを使い、理解しやすいようになっていた。

LINとFlexRayプロトコル

LINとFlexRayプロトコルについては今は必要ないので読まなかったが、パラパラと見た感じ図が多く分かりやすく説明されていた。

技術的な事はここでは省くけど、久々に技術的な本を読んで、読み出すと以外とはまりあっという間に読んでしまった。主に読書は電車の中だけど、座っているので、眠たかったら寝ればいいし、特に急いで読まなければというプレッシャーもなく、楽しく読めたと思う。

家にはまだまだ積ん読が転がっているので、通勤を利用してどしどし読んでいこうと思う。