読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

肉を食らう日々

最近、体質改善のせいか、肉が恋しくてたまりません。血がほとばしる肉。むしゃむしゃもぐもぐ肉。並、みそ汁、たまご。

そんな、だれが望んだのかワイルドなTSUIYOSHIになったわけで。。。

そんな昨今、佐賀で育った牛の肉の佐賀牛というものがありまして、実はTSUYOSHIの故郷がそこにあるわけで、実は牛肉界で微妙に評判の高い佐賀牛。いろいろと選定も厳しく、本物を取り扱っているところも少ないなんて聞いたことがありまして、それなら本物の佐賀牛を食べたいと思いまして。。。

つまり、おいしい牛が食いたい。と、思いあぶく銭も入ったことだし思い切って季楽って店に行ってみました。

場所は銀座。いわゆるザギンです。ザンギでも、ザンギエフでもありません。TSUYOSHIにとっては縁もない場所でドキドキしながら行ってまいりました。

で、この人が私の肉を担当してくれるシェフさんです。「写真を撮っていいですか?」なんて聞きましたら、「どうぞ、どうぞ、なんなら動画で撮ってください」と快く引き受けてくれました。

TSUYOSHIは今回(次回があるのか不明。。。)はコースで頼んでみました。そんなコースなので、勝手に作ってくれるわけですが、前菜は変なゼリーとか、レバ刺しとか、馬刺しとか。写真に撮り忘れたのですが、まったくおいしかったです。

前菜の二番バッターは伊勢海老ちゃんでした。

もともとピチピチと生きているやつを焼いて上のようになりました。驚きの前菜です。メインでいいのではと思わず思うわけですが前菜でした。

感想:「おいしかったです」

で、メインディッシュの肉と野菜君達です。佐賀牛のサーロインとフィレです。霜降ってます。これを食べるとメタボってしまいそうで、つまりオナカ周りの肉が加速すること間違いなしです。今日は腹をくくって食べることにします。ナンマイダブツ、ナンマイダブツ。。。。

ジューッと焼いています。まったく手際がよいです。背筋もびしっとしまして。このひとの部屋着が高校のジャージだったらと思わず想像してみました。ママチャリ乗ったりするのかな?

肉焼けました、野菜焼けました。んで、食べると。。。口の中でフワワワワーン。とろけるうまさ。アメリカで食った肉とはまた違ったおいしさがあります。TSUYOSHIとしてはどっちも捨てがたいのですが、故郷の肉なのでこっちを応援します。

野菜もおいしかったです。なんというか、甘みが出ていて、小川のセセラギ、小鳥の声、大地の息吹を思い出しました。

で、先ほど食べた伊勢海老。「ああ、あれの殻をみそ汁にしたら出汁が取れてキットおいしいだろうなー」なんて思っていたら、出てきました。うまいです。みそも九州仕立ての麦味噌(たぶん)で、なんだか懐かしい感じです。(伊勢海老は懐かしくはないですけど。。。)

そのあと、炊き立てのご飯もだしてもらい、かなりの満足。ご飯好きのTSUYOSHIなのですが、これも釜焚きのせいかうまいです。あー、秋に来て新米で食べたらさぞかしうまいだろうと。

で、シメのデザート。抹茶チーズケーキとフルーツポンチ(!?)。肉食べた時点で満腹だったのですが、しつこくない甘さと上品さにこれもあわせて完食です。

というわけで、もう二度と行かないかもしれない贅沢をしたわけで、それにしても、どの料理も隙がなく満足で、薬味についてたたまねぎとか、変な野菜(名前忘れた)もすばらしく、ほんと満足の料理でした。

ちなみに、帰り際にお土産にと薬味とか焼き物で使った同種のたまねぎ(新たま)をもらいました。

あー、うまかった!!!

だめだ、食べてばっかしだ。。。ちょっと自制しないと。。。

(ご当地キティ)銀座カンカン娘キティファスナーマスコット (ご当地キティ)銀座カンカン娘キティファスナーマスコット
価格:(税込)
発売日:
ナチュラル オールメタル 肉たたき C-537 ナチュラル オールメタル 肉たたき C-537
価格:¥ 1,995(税込)
発売日:
誕生29周年作品 キン肉マン ベストアルバム 誕生29周年作品 キン肉マン ベストアルバム
価格:¥ 2,900(税込)
発売日:2008-02-29