ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

九十九里浜

P7071378

本日は晴天に恵まれ、というか曇りです。でそんな曇りの日、わたくしは御用がありまして千葉に行きました。御用とは?

で、まずはKちゃんと赤羽で待ち合わせ。おもったより以外に近い赤羽。我が家から電車で1時間かからないくらいの距離。で、そこでKちゃんと会いましてい ざ千葉に出発。目的地は千葉の九十九里浜。ここで、チョイこねた。実は赤羽は東京都だということ。僕はてっきり埼玉県かと思っておりました。うむ、豆知 識。というか、常識?

で、意外と近い九十九里浜。首都高では途中渋滞しつつも、2時間くらいで到着。ボードとかで山に行くのよりも近い。身近です。


P7071368

九十九里浜につきまして、まずは食事。かつおのタタキ定食。あ、これおいしいかも。というかおいしいです。食事をとったところが海の家っぽいとこだったので食事はあきらめなのか!?なんて思っておりましたが、そんなことはなったです。まずは出だし順調。


P7071377

九十九里浜まで来て、かつおのタタキ定食を食べて終わりかと思いましたが、そんなわけにはいきません。本日のメインイベント!?のサーフィン。久々のサー フィンです。まずはショップに行ってレンタル。今日はのろのろ、だらだらを目的にしていましたのでロングボード。むしろ海に浸かるのが目的。で、板を借り ましてレッツらゴー。


P7071371

千葉の海はどうかなー、なんて思っておりましたが、ここってすごい。ずーっと先まで浜。こんなに長い浜ってはじめてみました。曇りのあるけど、浜の終わり が見えません。すげー。その後準備運動をしまして海にザブン。もう7月のせいかあまり冷たくもなく、ちょうどいいくらい。しかし、しょっぱい。

早速始めようと思いまして、ずんずんと沖にいくのですが、すげー遠浅。波があるとこまで行ってもまだ足がつきます。これなららくチンポンです。しかも人も 少ない。いいっすねー。あとは波を待つばかり。だらだら。なんか流されてる。とおもって場所移動。で横移動をしていたらちょうど波が来まして、のっちゃう か、のっちゃわないかと悩んでいるうちに、微妙に流されつつ、パドリングしつつ、このまま乗っちゃえモード。というわけで、テイクオフ。あとはだらだら待 ちつつ、波もうにょうにょで、なんとも。

で、なんどか乗ったのか?乗れなかったのか?見たいなことを繰り返し、なんだかサーフィンの面白さがあまりわからず。というわけで、早々に浜で休憩。Kちゃんはまだやってます。というわけで僕は熟睡モード。

その後、Kちゃんがあがってきてそれでは退散モード。体中はべとべと。ウェットスーツを早く脱ぎたいモード。でショップに戻ってボードを返して、熱いシャワーを浴びます。このときが一番ハッピーな瞬間。ああ、気持ちい。着替えも終わりまして、九十九里浜をあとに。


P7071379

高速を走っていると窓には荒川が見えまして、夕日が出てまして、すっかりビールな雰囲気。ということで、もれなく赤羽で反省会!?ビール会。

その後家に帰りまして、あーの波のれなかったなーなんて思っていると、悔しさ倍増。楽しさよりも悔しさ先行って感じでまたいきたくなりました。

ついでに本日は期待にこたえまして筋肉痛です。ううう。。。

海から見た、ニッポン 坂口憲二の日本列島サーフィン紀行 第一章 秋冬篇 海から見た、ニッポン 坂口憲二の日本列島サーフィン紀行 第一章 秋冬篇
価格:¥ 7,140(税込)
発売日:2007-04-04
社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論 社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2007-03
サーフィン・ア・ゴー・ゴー〈3〉国内版 サーフィン・ア・ゴー・ゴー〈3〉国内版
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2005-02