読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

今年も奴らが帰ってきた

どうも.秋も終わりそろそろ冬自宅を始めたTSUYOSHIです。冬と言えば鍋なのですが、鍋には欠かせない具材と言えばこれ。蟹。タラバガニです。(やや強引ですが。。。)

そんなタラバガニ、黙ってても食卓にあがるのは、漁師さんたちのおかげ。(我が家ではだまっていても食卓にはでてきませんが。。。)

そんな蟹漁のドキュメンタリーと言えば、これ。

ベーリング海一攫千金

今年も、奴らが帰ってきました。ベーリング海のお宝を稼ぎに。

というわけで、このシリーズも5シーズン目。ずいぶん長い間やっているわけですが、毎年海の上で何かしらのドラマがあるわけです。

蟹が大漁だったり、不漁だったり、病気になったり、なんやかんや。。。

蟹漁の解禁にともない各船の船長達があつまり、前夜祭。

花火のたんまり入ったダンボールを丸ごと、たき火をしていたドラム缶に入れてはしゃいでいます。というかただの悪ふざけをするオヤヂ達。

そのあとはバーに行って乾杯。

恒例のごとく一番蟹を捕った人が賞金をもらえるという賭けをします。掛け金はひとり1000$。で、5個のカゴの中のカニの数で勝負するというもの。

TSUYOSHIも負けじと蟹漁の解禁に伴い、蟹を食べつつTV鑑賞。まあ、家にあった蟹カンなんですが。。。

まあ、普通においしく頂きました。(焼酎のアテにはイケてましたよ。)

ちなみに、エミー賞なんかもとっている、番組だったりします。ほんと、普通に面白いです。ついで、アメリカでは漁師は危険な職業のひとつだそうで。ベーリング海で、かに漁となるとそれはもう。。。噂によると地雷除去の仕事より危険だと。

カニに感謝。

というわけで、今年も蟹漁(ベーリング海一攫千金)見逃せません!

COZIC キッチン鋏 カニです 2NK-200 COZIC キッチン鋏 カニです 2NK-200
価格:(税込)
発売日:
毎日かあさん カニ母編 毎日かあさん カニ母編
価格:¥ 880(税込)
発売日:2004-03
蟹工船・党生活者 (新潮文庫) 蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
価格:¥ 420(税込)
発売日:1954-06