読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツヨシのブログ

技術的な事とか日常の事とか徒然なるままに

週末は瑞牆山へ

SANY2039

どもども。最近は山登りが多くマイナスイオンをしこたま吸ってきています。おかげで、腰痛も治り、なんてことはなく、しとしとと頑張っております。で、今回チャレンジする山は瑞牆山。むずかいい漢字でなんて読むのかわからない感じですが(ここ笑うとこ)、「みずがき」と読みます。そんな難しい漢字な感じのやまに登るわけです。

DSC_3741

で、早速車を降りて山登りの準備です。見ての通り紅葉も彩り、ここに来る途中の景色はすごく綺麗でした。ほんと彩りといい、小川といい、素晴らしい景色で、その写真を撮っていないのが残念。もし写真を撮っていたら歴史に残る一枚になったに違いありません。

DSC_3749

で、山登りはまずは落ち葉のある麓から。まだまだ全然楽勝です。このへんで焼き芋をしたらさぞかし美味しい焼き芋ができるに違いないと食欲満点の秋。

DSC_3759

途中で大きな岩があるのですが、棒で転がらないように支えております。そんなバカな。っていっても、それが事実。そんな事実を受け止めましょう。

SANY2045

あれがおそらく山頂付近。って、岩だらけ。つーか、遠くね?まあ、よく言うのが近いと思ったら遠い。遠いと思ったら、もっと遠い。急がば回れ。ここほれワンワン。

SANY2056

途中で流れている小川。すごく冷たく透き通っています。この後渡った先で休憩です。とりあえずおにぎりを頂きました。

SANY2068

まだまだ続くよ。だんだん道も険しくなり、まっすぐに登れなくなってきます。結構この山は岩が多く手を使って登ることが多いです。このため、軍手などを用意しておいたほうがいいです。これ大事です。以前の山はそんな岩場がなかった(と言っても、結構な岩場もちらほら)ので、軍手なくても手の皮(面の皮じゃないよ!!)厚いので全然平気でしたが、このヤマは違う。さすが瑞牆山

SANY2069

結構な斜度です。こんなトコロがずっと続きます。正直しんどい

SANY2073

頂上はあの岩のへんかな?と思いきや、「登れなーい」といった声があの岩の方から。よくみるとロッククライミングをやっている人がいます。大丈夫なのかね。。。いやまじで。

SANY2053

だんだん標高も高くなり、霜が凍っています。ヒャッコイ。

SANY2079

ツララが出来ています。うーん寒い。ということは頂上まであと少し!!!ガンバと、自分に応援を!!!

SANY2083

おっと、頂上です。やった!(n‘∀‘)η ヤァーッホォー

SANY2088

さっきみた岩ですかな。よくみると、頂上付近に人がいます。ちゃんと登れたのかな。登ったに違いない。しかし、あのひとクライミング素人じゃないかなと。。。

IMG_0852

うーん、景色がいい。ただ登り始めた時間がちょっと遅かったため、とっとと飯を食べ即座に降ります。まあ、いつも通りカップ麺を食べました。

SANY2090

さあ、降りますか。さよなら瑞牆山。また今度。

SANY2109

というわけでサクっと降りました。降りるときは斜面も急なこともあり、なかなか面白かったです。ただ、おりてる最中なんだか息切れ気味。降りた後、足が痛くなりもう筋肉痛かと。

と、思いきやどうやら風邪みたいでした。先週行った香港、マカオで引いていた風邪が治ってなかったようです。。。帰りの車のなかではかなりしんどく、家に帰ってバタンキュー。

みなさんも風邪には気をつけましょう。

今年は山登りは終わりですかね。後は雪山へGO。今年もガンガン行きますぜ!!!